【速報】札幌演劇シーズン2018-冬の参加作品発表

現在、札幌演劇シーズン2017-冬の開催期間ですが、早くも2018-冬の参加作品が発表されましたのでお伝えします。

公式アカウント(@engekiseason)から発表があったのは2017年2月14日の14:00ごろ。早くも多くの演劇ファンにリツイートされ、期待が高まっています。

追 記

2月16日13:00ごろ、訂正ツイートがありました。

各作品を簡単に紹介します。

 

サクラダファミリー


https://www.youtube.com/watch?v=rqkhnkF0q-Uより)

イレブンナインから「サクラダファミリー」(2012年)。家族の崩壊を描いたヒューマンドラマです。初演は教育文化会館で行われましたが、今回はコンカリーニョで上演します。ちなみに夏には「あっちこっち佐藤さん」をかでる2・7で上演します。

初演時の予告動画はYouTubeでご覧頂けます▶︎ https://youtu.be/w7jpI2PPE5g

珈琲法要


http://www.h-paf.ne.jp/zoo/program-index/?program_id=589より)

青年団リンク・ホエイからは「珈琲法要」(2016年)。劇団青年団の河村竜也(プロデュース)と、劇団野の上の山田百次(作・演出)によるシアターカンパニー「青年団リンク ホエイ」の第一弾作品であり、初演は2013年。昨年札幌で上演し、TGR2016で大賞を受賞した作品です。シーズンで道外の劇団が上演するのは初となります。

誰そ彼時


http://nisekoalpineaccommodation.com/events/より)

円山ドジャースから「誰そ彼時」(2016年)。イナダ組で上演された作品ですが、円山ドジャースとして上演するそうです。この団体に関しましては現在情報がありません。謎に包まれています。今後の情報が待ちきれません。

初演時の特設サイトはこちら▶︎ http://tasokaredoki.web.fc2.com

ユー・キャント・ハリー・ラブ!


https://stage.corich.jp/stage/70136より)

弦巻楽団「ユー・キャント・ハリー・ラブ!」は2016-冬のシーズンで上演されているため、レパートリー作品としての上演となります。レパートリー作品とは、過去の演劇シーズン参加作品の中で特に人気が高く再演を希望される作品で、2017-冬では「狼王ロボ」、2017-夏に「あっちこっち佐藤さん」がこの枠で上演されます。主人公の教授役を誰が演じるのか、キャスト発表も楽しみです。

ちゃっかり八兵衛


https://twitter.com/search?q=%23ちゃっかり八兵衛より)

そしてコンカリーニョ・プロデュースの「ちゃっかり八兵衛」(2016年)。コンカリーニョ10周年企画の最後の演目として上演され、TGR2016で観客賞を受賞した作品。巧みな仕掛けを持つ脚本と、コメディに定評のある南参(yhs)演出で観客を沸かした時代劇コメディでしたが、今回はどういった布陣で上演されるのでしょうか。

 

まとめ

コメディが多い印象を受けます。また、2016年に上演した作品も多いため記憶に残っている人もいるはず。

ちょうど1年後、素晴らしい作品を観れることを楽しみしながら、最新情報を待ちたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsapporo_dSAPをフォローしよう!


d-SAPは札幌演劇シーズンを応援しています!
札幌演劇シーズン2017-夏

札幌で生まれた名作を1ヶ月間毎日上演。札幌が演劇に染まる季節がやってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です