「舞台に立つ」を学びたい人へ。弦巻楽団演技講座 第2期参加者大募集!

先日第28回公演「ナイトスイミング」を終えたばかりの弦巻楽団。巧みな脚本構成で好評を博し、演劇シーズンにも何度も出場している札幌を代表する劇団のひとつです。

9月の3都市ツアーや、演劇シーズン2018-冬のレパートリー作品『ユー・キャント・ハリー・ラブ!』など、名作ぞろいのラインナップですが、見どころは本公演だけではありません。

今回は、弦巻楽団が主催している演劇ワークショップについての紹介です。

弦巻楽団演技講座「秋も『舞台に立つ』」

弦巻楽団が毎年冬に開催している演劇ワークショップ、『舞台に立つ』。初心者から俳優まで、本気で「舞台に立つこと」を学びたい参加者が集まり、弦巻演出で一本の作品をつくります。

ワークショップ公演にとどまらないスケールとダイナミックさ、ハイクオリティな完成度から高い評価を得ています。現在札幌の舞台で活躍している俳優の中にもこの講座出身の方も少なくはありません。

また、脚本はシェイクスピア等の古典を用いることも多く、札幌で海外古典に触れるチャンスとしても人気があります。

そんな人気ワークショップ『舞台に立つ』が、今年は演技講座第2期として、秋も開催されます!本気で学びたい、やる気のある方へぜひともオススメしたいワークショップです。

今回のテキストは『リチャード三世』!

昨年度の『舞台に立つ』の様子(2017/03)

札幌にいてはなかなか触れる機会のないシェイクスピアですが、『舞台に立つ』で実際に自分が演じてみることでその深さと面白さを体感することができます。

これまで、シェイクスピア作品の中でも人気の高い『夏の夜の夢』や『ヘンリー六世』、彼が書いた最後の悲劇とも言われる『コリオレイナス』を上演。中学1年生から壮年の方まで、幅広い年齢層の参加となりました。

今回の「秋も『舞台に立つ』」では悪役物語『リチャード三世』に取り組みます。9月から稽古を開始し、発表公演は11月にサンピアザ劇場で上演、TGR(札幌劇場祭)にもエントリーします!

申込締切は8月28日(月)です。下のボタンから詳細情報を確認のうえご応募してください。

 

第1期の発表公演

演技講座の第2期として開催される「秋も『舞台に立つ』」ですが、その前に第1期の発表公演もあります。

上演作品は、札幌で初披露となる弦巻啓太の作品『火星から来た女の子』、高校演劇界の名作『出停記念日』の2本立て。6月から稽古を重ねて来た講座生がその成果を発表します。

こちらもぜひお楽しみください。

タイトル 弦巻楽団 演技講座一学期 発表公演
劇 団 弦巻楽団 演技講座
会 場 あけぼのアート&コミュニティセンター8号室 弦巻楽団稽古場
日 時 8月12日(土)14:00/18:00
8月13日(日)14:00/18:00
概 要 『火星から来た女の子』
作:弦巻啓太
弦巻啓太が2012年に美唄の市民劇団へ書き下ろした作品で、今回が札幌初上演。
美唄の市民劇団に、団長の婚約者が新入団員としてやってくる。しかし、一同にはその婚約者がどうにも地球人には思えず…。その土地で生きることを豊かなキャラクターで描いたコメディ。

【出演者】
寺尾彩香、三上翔平、高橋友紀子、松尾星美、石川凜、近藤和輝、鈴木真弥、伊藤優希、岩波岳洋(13日のみ)、佐藤雄大(弦巻楽団)、田邊幸代(クラアク芸術堂、12日のみ)

『出停記念日』
作:島元要
高校演劇の世界で何度も上演された名作。文化祭後の高校。打ち上げで居酒屋を利用したことが学校にばれて、45人中40人が出席停止になったあるクラス。残された5人のクラスメイトは、放置気味の時間をそれぞれ思い思いに過ごす…。高校生の多感な瞬間をみずみずしく描いた名作を弦巻楽団ヴァージョンでお届けします。

【出演者】
久慈優花、吉井裕香、柳田裕美、佐久間許都、鈴山あおい、斉藤法華、相馬日奈(弦巻楽団)、木村愛香音(弦巻楽団)
演 出 弦巻啓太
Web 公式サイト
チケット 1000円(予約/当日ともに)
※各回20席限定
予約・お問い合わせ 090-2872-9209
tsurumakigakudan@yahoo.co.jp

 

Facebookで
d-SAPを応援しよう