今月の公演情報はこちら

札幌座 Pit「葉桜」

タイトル札幌座 Pit「葉桜」
劇 団札幌座
会 場シアターZOO
日 時4月12日(金)19:30
4月13日(土)14:00/18:00
4月14日(日)14:00
(開場は開演の30分前)
概 要お見合いを終え
縁談を進めるか否か
決断を迫る母
迫られる年頃の娘・・・

葉桜の季節
平成生まれの娘と、昭和生まれの母
結婚を逡巡する
二人の女の物語

演出家からのメッセージ
 世界の文豪による短編作品を小劇場で上演するシリーズ「札幌座Pit」は、以前、札幌座がTPSと名乗っていた頃は、ススキノにあったTPSスタジオで「すすきのウィークエンドシアター」として、2002年に毎週末ロングラン公演していました。
 アゴタ・クリストフの「ジョンとジョー」を「ウメとトメ」として斎藤歩が脚色演出したものや、滝沢修の演出でアラバールの「戦場のピクニック」や、斎藤歩が作・演出した「太陽系第三惑星異常なし」を繰り返し上演していました。2008~2011年には「tps小文字で大作シリーズ」と名前を変え、イヨネスコの「椅子」を斎藤歩の演出で繰り返し上演し、東京でも公演しました。
 2013年からは現在の「札幌座Pit」となり、ファスビンダー「ブレーメンの自由」(2013年/弦巻啓太)、イヨネスコ「禿の女歌手」(2014年/清水友陽)、そして昨年のチェーホフ「白鳥の歌」(2018年/斎藤歩)を上演。

 そして2019年、札幌座Pitで初めて日本の劇作家による戯曲に取り組みます。

 数多くの短編戯曲作品を遺した岸田國士作品の中から、大正十四年に書かれた「葉桜」を、昭和生まれの母親と、平成生まれの娘の物語に、斎藤歩が脚色。
新しい元号が発表されたばかりの札幌で新作として公演します。

 昨年の「白鳥の歌」でも好演した磯貝圭子が昭和の母に初挑戦し、2017年に座員となったばかりの新人女優でありながら、近年その活躍が目覚ましい熊木志保が平成生まれの娘を演じます。

 母と娘、世代が異なれば「結婚観」も異なる二人の女がお見合いという儀式を経て出会ってしまった一人の男の印象と、自分たちの将来について葉桜の季節に逡巡する物語です。

脚 本岸田國士
演 出斎藤歩
出 演磯貝圭子
熊木志保
チケット一般:3,000円
学生:1,500円
高校生以下:1,000円
(前売・当日共通/全席自由・税込) 
※未就学児入場不可

チケットの取り扱い
【エヌチケ】
 <https://www.ticket.ne.jp/nt/>
 チケットを公演当日会場受け取りで手数料無料
 チケット代だけで購入できます。
【チケットぴあ】
 <Pコード:492-178>
【ローソンチケット】
 <Lコード:12348>
【大丸プレイガイド】
 <☎ 011-221-3900>(10:00~19:30/日・祝~19:00)
【北海道演劇財団】
 <☎ 011-520-0710>(平日10:00~18:00)

Web公式サイト
お問い合わせ北海道演劇財団
 ☎ 011-520-0710
 ✉ office@h-paf.ne.jp