今月の公演情報はこちら

初開催!入場無料の前夜祭は行かなきゃ損!|教文演フェス2019

毎年札幌の夏を盛り上げている「教文演劇フェスティバル」。今回は、初開催のプレイベント・前夜祭について紹介します。

エキシビジョン公演や豪華ゲスト陣によるトークセッションなど、大ホールで行われる特別企画がなんと入場無料です。これは行かなきゃ損…!

二人短編芝居「どうとでもなる」

翌日の短編演劇祭を盛り上げるのは、イレブンナイン所属の江田由紀浩さんと明逸人さんのお二人による短編演劇です。7月にシアターZOOで行われた男芝居フェスで観客賞を受賞した作品を、大ホールバージョンで上演します。

札幌を代表する大人気俳優の2人。見逃せません!

翌日の短編演劇祭に参加する意気込みやPRタイムもありますので、そちらもお楽しみに!

豪華ゲスト陣によるトークセッション

MCにオクラホマの河野さんを迎え、審査員の中から鴻上さんと石塚さんのお2人、さらにエキシビジョン公演出演の江田さんと明さんの5名による、スペシャルトークセッションが開催されます!

どのような内容が話されるのかは明らかになっていませんが、なかなか一同に会することが叶わないメンバーですので、こちらも聞き逃せません。

無料だけれど、入場券が必要

前夜祭は入場無料ですが、入場券を事前に申し込む必要があります。取り扱いは、教文プレイガイド(011-271-3355)かローソンチケット(Lコード 12760)で発券できます。

ローチケでは発券手数料が別途かかってしまいますが、教文プレイガイドでは手数料もかからず完全無料で発券できます。


絶対に見逃せない豪華企画が満載の前夜祭。札幌演劇好きならもちろん、初めての方でも楽しめること間違いなしです。ぜひ無料入場券をお求めいただき、教文大ホールへ!

参考 教文演劇フェスティバル2019公式サイト
お問い合わせ
札幌市教育文化会館事業課(原則第二・第四月曜休)
〒060-0001 札幌市中央区北1条西13丁目
TEL:011-271-5822
FAX:011-271-1916
Mail:en_fes_mail@yahoo.co.jp
教文演劇フェスティバル担当係 宛