今月の公演情報はこちら

平成29年度北海道戯曲賞大賞作品・ウンゲツィーファ「動く物」

タイトル平成29年度北海道戯曲賞大賞作品「動く物」
主 催公益財団法人北海道文化財団
会 場PECORANERA ギャラリー(札幌市中央区南6条西23丁目5-17)
日 時2019年・令和元年
11月16日(土)開演13:00/開演18:00☆
11月17日(日)開演12:00☆/開演17:00

※開場、受付は30分前。上演時間は70分を予定。

☆16日18:00、17日12:00の回には上演後アフタートークがあります。
16日18:00 ゲスト:羊屋白玉(「指輪ホテル」芸術監督)
17日12:00 ゲスト:森嶋拓(飛生芸術祭ディレクター)

概 要平成29年度北海道戯曲賞大賞作品「動く物」が演劇ユニット「ウンゲツィーファ」により初の札幌公演を開催します。
今回の公演にあたり作家の本橋龍氏が2年前の大賞受賞作品に書き直しを加えています。
会場は南円山の「ペコラネラ」という小さなギャラリーになります。役者と近い距離でお芝居を体感してください。

あらすじ
 台風の日に一人で動物園に来た時、ビショビショになりながら僕は逆に檻の中にいて、観察されてる様な気がした。檻の中の動物は幸せだろうか。人間という動物にしか、恐らくその価値はないのだけど。それを考えることで自ら心の檻に入るということでしか、自然の摂理に収まる為の最低限の節度やモラルは得ることはできないんじゃないか。

脚本・演出本橋 龍(劇作家・演出家/ウンゲツィーファ主宰)

1990年生まれ。さいたま市出身。高校の頃銀杏BOYZを聞いた瞬間から「自分は何かを成し遂げられる」と信じて疑わない。同時期に部活にて演劇を始め、唯一自分ができることと判断し現在まで続ける。2009年、尚美学園大学に入学。若林一男教授の下演劇を学ぶ。2013年に大学を中退。実家から家出し、そこから自身の創作ユニット「栗☆兎ズ」で劇作活動を本格的に始める。2016年、江古田に居住し活動の拠点である「栗☆兎ズ荘」(木造二階建ての一軒家。後のウンゲ荘)を構える。2017年、8回目の公演「蛇の足がき」をライターの九龍ジョー氏が絶賛。同年ユニット名を「ウンゲツィーファ」に改名。2018年、上演作品「動く物」が平成29年度北海道戯曲賞にて大賞を受賞。

出 演黒澤 多生、豊島 晴香
チケット予約 2,500円
当日 3,000円
WEB予約 https://ungeziefer.site/ugokumono2019.html
Web公式サイト
お問い合わせ公益財団法人北海道文化財団
TEL 011-272-0501(平日9:00-17:30)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です