今月の公演情報はこちら

Public Art Research Center 9「いつもどこか動いてる」

タイトル[PARC 9:いつもどこか動いてる]シンポジウム「これまでとこれからの身体表現」
主 催札幌駅前通まちづくり株式会社
共同企画|一般社団法人PROJECTA
共同企画一般社団法人PROJECTA
概 要Public Art Research Center[PARC](パーク)は、公共空間である札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)の広場を舞台に、現代のパブリックアートとパブリックスペースを多角的に考察していくアートプロジェクトです。9回目となるPARC9では、1日約7万人もの人が行き交うチ・カ・ホに身体性を持ち込むことで、身体感覚や視界を広げる場にしたいと考えました。地球の裏側や体内、広大な宇宙のあちらこちらで、目には見えない何かが連鎖的にはるか遠くの何かへと影響を与えあい、世界はダイナミックに駆動しています。知覚できなくともどこかで繋がっているようなこの不確かな関係性から、今回は「いつもどこか動いてる」をテーマとしました。私たちが考える公共とは、遠くの場所、知らない人、未来や過去、自分とは違う環境や立場を想像し、対話し、共に考える時間と空間です。公共空間を、新たな感覚や知見と出会える環境へと変化させていくことをPARCは目指しています。

●作品展示
日時|9月21日(土)〜 29日(日)12:00 〜 18:00
会場|チ・カ・ホ 憩いの空間E,W
出展作家|小林椋、谷本真理、迎英里子

●アーティストトーク
日時|9月21日(土)18:30 〜 20:00
会場|テラス計画(札幌市中央区北2西4赤れんが テラス5階)
入場|無料

●シンポジウム「これまでとこれからの身体表現」
9月29日(日)14:00 〜 18:00 終了予定 
会場|チ・カ・ホ 北3条交差点広場(西)
入場|無料・先着60名(要予約)   
登壇者|江口正登、佐々木敦、平倉圭

チケットシンポジウムは、入場無料・先着60名(要予約)
以下WEBサイト内、最下部のフォームより事前にお申込みください。
https://www.sapporoekimae-management.jp/parc9/
Web公式サイト
お問い合わせ011-211-4366(テラス計画)|terracekeikaku@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です