イベントを読み込み中

« イベント一覧

弦巻楽団「秋の大文化祭!2023」

12月1日 - 12月3日

弦巻楽団が主催する毎年恒例の名物企画「秋の大文化祭!」が、2023年12月1日から3日まで開催決定!今年は規模を拡大し、3つの演劇作品を上演します。

1つ目の演目は、チリの劇作家アリエル・ドーフマンの『死と乙女』。弦巻啓太が長年上演を夢見てきたスリリングな心理劇を、青井陽治による翻訳で上演します。

2つ目の演目は、東京からのスペシャルゲストとして劇団5454を招聘! 若手演出家コンクール2022で完成度の高さを絶賛された話題作『宿りして』を上演します。

3つ目の演目は、演技講座発表公演として上演される、長谷川孝治の『冬の入口』。演技初挑戦の方から何度も舞台に立つ俳優まで、さまざまな背景を持つ講座生が挑戦するのは、丁寧な会話から人間の機微を描く名作戯曲です。

秋の終わり、冬の入口。皆さまの一日が特別なものになりますように。

日時

12月1日(金)
19:00 劇団5454『宿りして』

12月2日(土)
11:00 劇団5454『宿りして』
15:00 演技講座『冬の入口』
19:00 #38 1/2『死と乙女』

12月3日(日)
11:00 演技講座『冬の入口』
15:00 #38 1/2『死と乙女』

 

脚本

『死と乙女』アリエル・ドーフマン(翻訳:青井陽治)
『宿りして』春陽漁介(劇団5454)
『冬の入口』長谷川孝治

 

演出

『死と乙女』『冬の入口』弦巻啓太
『宿りして』春陽漁介(劇団5454)

 

出演

#38 1/2『死と乙女』
井上嵩之(→GyozaNoKai→)
木村歩未(劇団fireworks)
佐久間泉真(弦巻楽団)

劇団5454『宿りして』
榊木並、森島縁、窪田道聡、及川詩乃(以上、劇団5454)
岸田百波、高品雄基

『冬の入口』
阿部藍子、荒木柚音、石田暖都、石田琉衣、伊藤優希、高橋友紀子、中村文子、橋本快斗(北海学園大学演劇研究会)、水戸部佳奈(劇団ひまわり)、宮下諒平(北海学園大学演劇研究会)、宮脇桜桃、吉井裕香、藤田恵未
木村愛香音(弦巻楽団)、髙野茜(弦巻楽団)、高橋咲希(弦巻楽団)、来馬修平(弦巻楽団)

 

スタッフ

主催 一般社団法人劇団弦巻楽団
宣伝美術 横山真理乃(劇団5454)
後援 札幌市、札幌市教育委員会
制作 弦巻楽団

 

チケット

【通し券】
前売りのみで通しチケット6,000円を販売。
1枚で「秋の大文化祭!2023」の3演目を1回ずつ観られるチケットです。 プレイガイド等でご購入後、ご希望の観劇日時をメール・電話にてご予約ください。

【#38 1/2『死と乙女』・劇団5454『宿りして』】
<事前精算(前売)>
一般 3,000円
U-25 2,500円
高校生以下 1,000円

<当日精算(予約・当日)>
一般 3,500円
U-25 3,000円
高校生以下 1,000円

【演技講座『冬の入口』】
<事前精算(前売)>
一般 2,000円
高校生以下 1,000円

<当日精算(予約・当日)>
一般 2,500円
高校生以下 1,000円

●チケット取り扱い

【前売券のご購入】
PassMarket
・ローソンチケット(Lコード:11725)
・道新プレイガイド
・札幌市民交流プラザチケットセンター
・セコマチケット(セコマコード:D23120102)

チケットページ

お問い合わせ

メール:tsurumakigakudan@yahoo.co.jp
電話:090-2872-9209

詳細

開始:
12月1日
終了:
12月3日
サイト:
https://tsurumaki-gakudan.com/aki23lp/

主催者

弦巻楽団
Email
tsurumakigakudan@yahoo.co.jp
主催者 のウェブサイトを表示

会場

生活支援型文化施設コンカリーニョ
札幌市西区八軒1条西1丁目 ザ・タワープレイス1F+ Google マップ
Phone
011-615-4859
会場 のウェブサイトを表示する

d-SAPで公演をPRしませんか?

公演情報の掲載だけでなく、作品の魅力をお届けするPR記事やサイト内広告バナーなど、公演の規模に合わせたさまざまなプランをご用意しております。