札幌発の希望を歌うロックバンド「ナイトdeライト」とは

こんにちは、佐久間(@playpray_joshua)です。今回は演劇と少し離れて、札幌発のロックバンドを紹介します。今もっともキテるバンドの一つです。

彼らを知らずして、札幌の音楽は語れない。

 

ナイトdeライトのプロフィール

2006年に札幌で結成された4ピースロックバンド。2012年1月に「終わらない夢」がコンサドーレ札幌公式サポートソングに採用され、さらに石屋製菓「白い恋人」のテレビCMに採用。2013年1月、「虹」が大丸札幌店店内BGMとして採用。2013年7月、大規模野外フェスJOIN ALIVE出演。2014年8月リリース4thシングルの「モノグラム」カップリングの「Stain」が、同年阪神タイガース所属マット・マートン選手の登場曲に採用。2015年1月にはスガシカオの北海道公演オープニングアクトを務める。2016年4月に道新ホールで行われた10周年記念コンサートは、700席全席公演1ヶ月前にソールドアウトし大成功を収めた。全国に向けて北海道から明日への希望を、生きる勇気を音楽に乗せて発信中。

彼らが奏でる音楽には、暖かさと優しさがありながらもロックバンドとして鋭くパンチの効いたビートが際立ちます。

2014年度には北海道100本ライブを達成し、ライブハウスだけでなく学校や老人ホームなど道内の多くの箇所でライブを行いました。そのメッセージ性と楽しいMCが好評を呼び、日々ファンが増えてきており、まさに今もっともキテる札幌バンドなのです。

 

メンバー

平野翔一(ボーカル&ギター)

力強い歌声と優しい笑顔をもつバンドの顔。彼が歌う一言一言が胸に直接響きます。自身の過去を元にして作詞作曲した「証」は、ファンの心に響き涙がこみ上げてきます。

料理の腕はプロ級で、自身で編み出したオリジナルレシピを動画にした「歌うたいのレストラン」はYouTubeで見ることができます。

長沢紘宣(ベース&コーラス)

ナイトdeライトのリーダー。彼の発言には大きな影響力があり、その類い稀な音楽センスと作詩力により多くの人の心を鷲掴みにします。

他のバンドと彼らの楽曲の大きな違いに、ベースへのスポットライトの当て方があります。ベースは曲の根底を支える、いわば縁の下の力持ち。しかし、長沢さんの奏でるベースは時に気持ち良いグルーヴを生み出し、時に主役にもなりうるポテンシャルを持っています。ナイトdeライトの曲を聞くときは、ぜひベースを意識して聞いてみてください。

三橋恵之矩(ギター)

ハワイ生まれハワイ育ちのエレキギタリスト。ナイトdeライトを結成したのは三橋さんの一言がきっかけでした。

海外で育ったということもあり、英語はペラペラ。ときどき通訳の仕事に出かけるほどです。ナイトdeライト唯一の英語の曲「Let every nation」の作詞も彼が担当しました。

そして大のゲーム好き。とあるネットゲーム界では絶対に倒せないプレイヤーとして恐れられていたそうです。

田中満矢(ドラム)

THEいいひとの田中さん。その寛容な心と笑い上戸の彼の周りにいると、どんどん自分の汚さが浮き彫りになってしまうほど…。しかし、いざドラムの椅子に座ると普段の笑顔からは想像もつかないような、アツいドラマーになります。

家族想いで、3thアルバムに収録されている「不器用親父」は実の父親をモデルとし、アツい楽曲となっています。また、教会の牧師という顔もあり、ブログを通じて悩み相談も行なっています。どんなに小さな悩みでも大きな悩みでも構いません。どうぞ相談してみてください → ミチヤ牧師の悩み解決事務所

彼らが歌う「希望」とは

公式サイトのHistoryページにこのようなことが書いてあります。

ナイトdeライトは「暗闇に光を」っていう意味を持ってる。今の世の中は暗闇みたいだ。今日もどこかで自ら死を選び、あるいは誰かを殺す人がいる。日本だけじゃない。世界中が暗闇みたいだ。人の心も暗闇でいっぱいだ。そんな暗闇に希望の光を届けたい。それが願いなんだ。

テレビを見れば流れてくる嫌なニュース。本来愛すべき存在として生まれてきた子を親が殺し、また子が親を殺す世の中。

彼らはそんな世の中に音楽というツールを用いて「愛」を訴えます。誰しも「愛されるべき存在」として生まれてきたということを叫びます。その真っ直ぐで根本的なメッセージに多くのファンが魅了され、彼らのいう希望の光に出会っています。

 

今すぐ聞いてほしいナイライの曲5選

筆者の私が勝手に選んだ、今すぐ聞いてほしい5曲を紹介します。これであなたもナイライの虜になるはず。

君はそれで素晴らしい

北海道いのちの電話オフィシャルソングにも採用された代表曲。ナイトdeライトの伝えたいメッセージがそのまま歌になっています。ポップな曲調とシンプルでストレートな歌詞に注目です。

”君には、愛してる人が必ずいるはず。”
”パーツじゃなく、性格じゃなく、存在を愛してるはず。”

”君もそう。自分の嫌いなところ、それもふまえて愛されている。”
”理由はあって無いようなものだから、君はそれで素晴らしいんだよ。”

歌詞を見る CDを購入する

モノグラム

愛する子どもたちに向けられた一曲。PVに出演している子どもたちは、一般公募で募集したファンのお子さんの動画を使用したそうです。未来を担う小さな命に対し、ナイトdeライトは何を語るのか。

歌詞を見る CDを購入する

夜明け前

「愛する」とはどういうことか、普遍的な問いに挑戦した一曲。今は夜のように暗いかもしれないけど、夜明けは必ずやってくるという希望のメッセージに勇気付けられます。

歌詞を見る CDを購入する

Stain

1stシングルに入っており、ナイライ初期の楽曲ですが、2014年に元阪神のマット・マートン選手の登場曲に採用されたこともあり根強い人気をもっています。心の中にあるシミ(Stain)を洗い流したいという純粋な想いがそのまま曲となりました。特徴的なベースのリズムも人気の理由の一つです。

歌詞を見る CDを購入する

所帯持ったっていいじゃない

ナイトdeライトのメンバーは実は全員所帯持ち。奥さんと子どもたちがいます。よく言われるのが、バンドマンは家族を取るか夢を取るかの2択を選ばなくてはいけないということ。しかし、ナイトdeライトは「所帯持ったっていいじゃない!それでこそ頑張れる!」と叫びます。

先に紹介したモノグラムや、3thアルバム「Familia」に収録されている「君の笑顔僕の笑顔」など、ナイトdeライトは奥さんや家族に向けられた曲が目立つ印象。

家族で聞いて、笑顔になれます。

歌詞を見る CDを購入する

スポンサーリンク




多様な現場で活躍

テレビCM

石屋製菓「白い恋人」

コンサドーレ公式サポートソングとなった「終わらない夢」は、北海道のお土産「白い恋人」のCMとしても起用されました。何度か耳にしたことのある人もいるのではないでしょうか。

刃物専門店「宮文」

こちらもよく目にします、宮文さんのCMです。ナレーターをつとめるのはドラマーの満矢さん!子どもたちと平野さんのプロ級の包丁さばきが素晴らしい。

炭リッチ

こちらは2017年1月現在ではテレビで放送されていませんが、FacebookページにCMソングの動画がありました。炭焼きイタリアン酒場「炭リッチ」とナイトdeライトがどのようにコラボするのか。CM放送が待ちきれません。

ラジオ番組

所帯持ったっていいじゃない ラジオカロスサッポロ


毎週金曜の19:00からやっているこのラジオは、ベースの長沢さんがMCをつとめています。所帯持ちバンドだからこそわかる家庭のあれこれや、毎週「○○だっていいじゃない!」というテーマの中でトークあり音楽ありの素敵な1時間となっています。

所帯持ったっていいじゃない へのメッセージ
メール:request@radiokaros.com

クロスオーバー RADIO TXT fmドラマシティ

こちらは毎週木曜18:00からボーカルの平野さんがメインパーソナリティとなってお送りしています。多方面で活躍するアーティストや社長さんをゲストにお招きしてしゃべり続ける1時間。平野さんの良い声がとっても耳に心地よいです。

クロスオーバー へのメッセージ
メール:de@776.fm Fcebook:https://www.facebook.com/crossover.776.fm/

ラジオはアプリ「リッスンラジオ」で聞くことができます。

日本国際飢餓対策機構の親善大使

ツアーレポート動画をみる

ナイトdeライトはそのメッセージと音楽性が評価され、世界の飢餓・貧困問題に取り組むNGO団体、日本国際飢餓対策機構(JIFH)の親善大使に就任しました。

その働きの一環としてカンボジアを訪問。飢餓で苦しむ子どもたちに直接あって全力で音楽を届けました。

イスラエルツアー

平和の歌「Let Every Nation」を聞く

2016年、イスラエル独立記念式典で4000人のユダヤ人の前で、このために書き下ろした平和の歌を歌いました。歴史上ユダヤ人以外がこのステージに立つのは初めてということで、まさに歴史に名を刻みました。

彼らが叫ぶ希望のメッセージが、多くのユダヤ人に届いたことでしょう。

ナイトdeライトチャンネル

ナイトdeライトの魅力はやっぱりメンバーの仲の良さ。バンド結成当初はスタジオで練習するよりもとにかく4人で遊んだそうです。そんな彼らの「遊び」を覗けるこの企画、ファンにはたまらないものとなっております。

今までテーブルサッカー対決に始まり、野球、釣り、ダーツなど様々なスポーツに挑戦してきました。勉強やお仕事の息抜きにでも、見てみてください。

 

ZEPP東京に挑戦 SHIFTツアー

2017年3月15日、4thアルバムとなる「SHIFT」をリリースします。

10年間バンドを続けてきて活動が安定してきたというナイトdeライト。11年目となる2017年は攻めに出て、新しいステージに突入します。今までのナイトdeライトとは少し違った曲調や、極限まで広げた音楽のポテンシャルが今回のアルバムのポイントだそうです。どのように「シフト」するのか。

さらにレコ発ツアーといして、日本最大規模のライブハウス「ZEPPダイバーシティ東京」でのライブに挑戦。収容人数はおよそ2700人だそうです。

札幌発の希望を歌うロックバンド。札幌市民の私たちが中心となって、ナイトdeライトを応援していきましょう!

タイトル ナイトdeライトツアーファイナル
Zepp ダイバーシティ東京 ワンマンライブ
日 時 7月30日(日)
OPEN 18:00 / START 19:00
会 場 Zepp ダイバーシティ東京(東京都江東区青海1丁目1-10 ダイバーシティ東京プラザ)
地 図
東京都江東区青海1丁目1-10 ダイバーシティ東京プラザ
チケット 3000円 / U-18チケット 1500円(要当日身分証明書) (1ドリンク代500円別途)
・ローソンチケット [Lコード:73292] ・チケットぴあ [Pコード:319-365] ・イープラス

まとめ

札幌発の希望を歌うロックバンド、間違いなくキテるバンドです。
札幌市民として、彼らを応援しない理由がありません。みんなで協力して彼らのシフトを後押ししていきましょう。

とりあえず今は3月15日発売のNEWアルバムが楽しみ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsapporo_dSAPをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です