今月の公演情報はこちら

鴻上尚史氏が来札!「役者のためのワークショップ」開催|教文演フェス2019

観る人にとっても演る人にとっても、まちが演劇に色づく札幌の夏。いかがお過ごしでしょうか。

札幌市教育文化会館では、教文演劇フェスティバルを開催しており、各種ワークショップや短編演劇祭に向けた準備が進んでおります。

今回は、教文演フェス企画として行われる「役者のためのワークショップ」についてご紹介します。講師はなんと、全国で活躍される鴻上尚史さんです。

とりあえず戯曲書いて大ホールで演じてみよう|教文演フェス2019

役者のためのワークショップ

近年の演フェスワークショップは、演劇の未経験者や初心者向けの企画が多くありましたが、今回は現在役者活動をしている演劇人におすすめの企画です

正しい発声、身体の使い方をはじめとした基礎的な表現技術から、応用的な演技の実践について学ぶことができます。

講師の鴻上尚史さんは、昨年のグランド・チャンピオン・ステージでトークゲストとしても登場し、演フェスを賑わせました。演劇の作・演出のほか、様々な分野で活動される鴻上尚史さんのワークショップを受けられる機会は札幌では滅多にないでしょう。

役者として活動されている方や「こえ」と「からだ」を使った表現に関心のある方におすすめです!

概要・申込方法

主 催札幌市教育文化会館(札幌市芸術文化財団)
講 師鴻上尚史(作家・演出家)

1981年に劇団「第三舞台」を結成し、作・演出を手掛ける。現在はプロデュースユニット「KOKAMI@network」と若手俳優を集め旗揚げした「虚構の劇団」での作・演出を中心に活動。舞台公演の他には、エッセイスト、小説家、テレビ番組司会、ラジオパーソナリティ、映画監督など幅広く活動している。

概 要「正しい発声とは何か?」「身体を意識するとはどういうことか?」など表現と密接に関係している基本的なことから、演技の基礎知識、演技力向上のための各種エチュードなどのカリキュラムを2日間で行います。
演技力をアップしたい、演技の基礎を身につけたい、「こえ」と「からだ」を使った表現に関心があるという方、是非ご参加ください。
日 時2019年8月
17日(土)14:00~21:00
18日(日)13:00~21:00
会 場札幌市教育文化会館 研修室401
定 員20名程度(先着順)
受講料15,000円(2日分)
申 込下記申込フォーム
http://www.kyobun.org/wsform.php
または下記電話
011-271-5822までご連絡ください
Web公式サイト
お問い合わせ札幌市教育文化会館事業課 011-271-5822
参考 教文演劇フェスティバル2019 鴻上尚史氏「役者のためのワークショップ」札幌市教育文化会館