札幌座「象じゃないのに…。」

タイトル 札幌座 第52回公演
「象じゃないのに…。」
劇 団  札幌座
会 場  シアターZOO
日 時 5月11日(木)19:00
5月12日(金)14:00/19:00
5月13日(土)12:00/16:00
5月14日(日)14:00
概 要 4月からスタートした2017年度。札幌座が5月に新作をシアターZOOで発表します。ハンガリーの原作戯曲を斎藤歩が脚色・演出した「亀、もしくは…。」は20年以上再演を繰り返していますが、今回は韓国人劇作家、イ・ミギョンの「そうじゃないのに」を 斎藤歩がまたも脚色・演出し「象じゃないのに…。」として発表します。

「亀」に続いて「象」です。

ある日、動物園から象が逃げ出した。象のおかげで通りは大混乱。人々を蹴散らし、店を壊し、ついに知事選挙演説の会場まで滅茶苦茶にしてしまい、一人の有力な女性候補者が踏みつぶされた。飼育員は鳩とガチョウが原因で偶発的に起こった事件だと供述するが、この話を信じる者は誰もいない。この事件を捜査する刑事は政治的陰謀だと推理する。飼育員の精神鑑定を行う医者は性倒錯症患者の妄想により起こったものだと考える。飼育員の母親は子どもの頃から動物を何でも「放してしまう子」だったと証言する。まったく見当違いの医者、刑事、母親の話に、自分の言っていることが伝わらないことに疲れ、飼育員は意外なことを口走る。「象じゃないのに…。」やがて飼育員はその真実を語り始めるのだが…

脚色・演出・音楽 斎藤歩
原 作 イ・ミギョン「そうじゃないのに」
出 演 斎藤歩、原子千穂子、佐藤健一、山野久治(風の色)、川崎勇人(劇団東京乾電池)
Web 公式サイト
チケット 【一般】¥3,500
【学生】¥1,800
【高校生以下】¥1,000
(前売・当日共通/全席自由・税込み)
※未就学児童のご入場はご遠慮ください
エヌチケ
・チケットぴあ(Pコード:458-615)
・ローソンチケット(Lコード:11479)
・北海道演劇財団(TEL:011-520-0710)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で@sapporo_dSAPをフォローしよう!


d-SAPは札幌演劇シーズンを応援しています!
札幌演劇シーズン2017-夏

札幌で生まれた名作を1ヶ月間毎日上演。
札幌が演劇に染まる季節がやってきました。