今月の公演情報はこちら

【遊戯祭17】最新情報−1

札幌若手劇団が1つのテーマの中で創作された演劇で競い合う企画「遊戯祭」が今年も開催されます! 1月1日に最新情報が公開されたのでまとめます。

遊戯祭17の概要

日 時 2017年 4月27日(木)〜5月2日(火)
会 場生活支援型文化施設 コンカリーニョ
ターミナルプラザ ことにパトス
テーマ 谷川俊太郎
Web 遊戯祭Facebook

 

今回の遊戯祭は、例年とはひとあじ違ったプログラムで開催されるようです。

今までは、コンカリーニョとパトスで交互に演劇が上演され、観客は2つの会場を行ったり来たりしていました。しかし今回は、コンカリーニョで演劇の上演パトスで特別企画を開催と完全に役割を分けたようです。

これにより、観客も参加者も、よりお祭りらしく、より大会らしく楽しめることが期待されます。

さらに、今回上演する団体は劇団という単位ではありません。
今をときめく札幌の期待の若手演出家・脚本家がタッグを組みます!

 

国民的詩人に挑む若手3タッグ

2015年のテーマは「手塚治虫」、16年は「忌野清志郎」。ある団体は、彼らの作品をモチーフにオリジナル脚本を、また別の団体はできるだけ作品に忠実に舞台化していました。

今回のテーマは「谷川俊太郎」。教科書にも載った「生きる」や「二十億年の孤独」の作者であり、またレオ・レオニ作の絵本「スイミー」の翻訳もしています。実は私の母校の校歌も、谷川俊太郎さんが作詞をして下さいました。

そんな国民的詩人、谷川俊太郎をテーマとした演劇作品を上演する3チームはこちら!

  • 前田透(劇団・木製ボイジャー14号)×米沢春花(劇団fireworks)
  • 畠山由貴(劇団パーソンズ)×白鳥雄介
  • むらかみなお(デンコラ)×徳永萌(デンコラ

大注目の若手劇団の代表や役者、そして気鋭の学生劇団が上演します。一体どんな「谷川俊太郎」を見せてくれるのでしょうか。期待が高まります。

お問い合わせ
メールアドレス:yugisaiyugisai@gmail.com