今月の公演情報はこちら

今年の教文短編演劇祭は絶対に見逃せない…!豪華ゲストが緊急参加

毎年夏に行われる「教文短編演劇祭」。札幌市内外の劇団が20分以内の演劇を上演し合い、一番面白い短編演劇作品を決める大会です。

昨年の短編演劇祭では、バラエティ色の強いコメディ短編を得意とする星くずロンリネスが圧倒的な力を見せて優勝。今年のチャンピオンベルトはいったい誰の手に渡るのでしょうか。

さらに、今年の短編演劇祭では特別企画として「グランド・チャンピオン・ステージ」も開催されます。歴代王者たちによる夢の共演、豪華参加劇団、豪華審査員、スペシャルゲストと盛りだくさん。

今年の短編演劇は、絶対に見逃せない…!

短編演劇祭参加団体

2018年5月27日に行われた公開台本審査会により、短編演劇祭に出場する4団体が選出されました。公開台本審査における審査員は、これまで優勝経験のある団体から4名(棚田満、明逸人、南参、平塚直隆)。

選出されたのは、笑の内閣(from 京都)、Gフランケン(from 札幌)、空宙空地(from 愛知)、秘密結社デスボルトハリケーン(劇団)(from 札幌)の4団体。この4団体が、2017年大会のチャンピオンである星くずロンリネスに挑戦します。

関連 教文短編演劇祭2018出場者決定!名古屋や京都からの刺客も


短編演劇祭2018は2018年9月8日(土)14:00 より教育文化会館小ホールで開演します。上演順と演目も発表されています。

  1. Gフランケン『究極の告白』
  2. 空宙空地『ふたり、目玉焼き、その他のささいな日常』
  3. 笑の内閣『君の名は』
  4. 秘密結社デスボルトハリケーン(劇団)『伸ばした手の先』
  5. 星くずロンリネス『白衣の女王 -ホワイトクイーン-』

各団体、得意とするジャンルは違いますが、上演するのはどこも同じ条件の短編演劇。今年は一体どのような作品が登場するのでしょうか。当日が楽しみです。

豪華審査員

教文短編演劇祭の審査は、観客投票と審査員票の2種類あります。観客投票は、劇場に足を運んだお客様により1人につき2票まで投票でき、審査員票は、昨年は1人30票投票することができました。

今年の審査員は、こちらの3名。情報公開とともにSNSでは驚きの声が流れていました。

  • 斎藤 歩 劇作家・演出家・俳優・公益財団法人北海道演劇財団専務理事・芸術監督
  • 鴻上 尚史 作家・演出家
  • 渡辺 えり 劇作家・演出家・俳優・歌手・オフィス3〇〇、渡辺流演劇塾主宰、日本劇作家協会会長

テレビや映画でも、全国で活躍されている劇作家の方々が集まりました。札幌の一大会とは思えないほどの豪華審査員に、札幌演劇ファンだけでなく、全国各地から注目が集まっています。

豪華審査員の登場により、ますます熱い盛り上がりをみせそうです。

グランド・チャンピオン・ステージ

9月8日の本戦の1日後、9月9日(日)には「グランド・チャンピオン・ステージ」と題して、これまでの優勝団体による名作短編演劇が上演されます。

  • 劇団怪獣無法地帯+3ペェ団札幌『わらう花』-2008年チャンピオン作品
  • ELEVEN NINES『俺はジャッジャー!!』-2011年チャンピオン作品
  • yhs『春よ来いマジで本当に頼むから』-2014年上演作品
  • 星くずロンリネス『キンチョーム』-2014年チャンピオン作品

札幌演劇界の最前線で活動する劇団たちが集結。人気の高かった短編演劇を上演します。

さらに、ゲストコメンテーターとして、本戦審査員もつとめる渡辺えり氏、TEAM NACSリーダーの森崎博之氏が緊急出演。公式サイトに掲載されているコメントにて、森崎氏は「札幌の演劇が向上心と大いなる「励み」を持って活性化していくよう願いを込めて、大声でエールを送ります!」と語っています。


豪華企画に豪華審査員・ゲストの数々…。今年の教文短編演劇祭に一体に何が起こっているのか、教文演劇フェスティバル実行委員長の齊藤雅彰さんにお話を伺いました。

齊藤雅彰

9月8日の短編演劇祭は、書類審査を通った4団体と昨年チャンピオンの星くずロンリネスの5団体で戦います。審査委員は斎藤歩さん、鴻上尚史さん、渡辺えりさんといったかつてない豪華な布陣になりました。若い人達のフレッシュな戦いと豪華審査員の審査を楽しんでいただきたいと思います。

そして、短編演劇祭をはじめて今年で11年目になります。ここらで集大成的なことをしたいと思い「グランド・チャンピオン・ステージ」を企画しました。歴代チャンピオンが上演しますので、短編演劇祭の歴史を堪能していただきたいと思います。歴代チャンピオンの魅力とゲストコメンテーターの渡辺えりさん、森崎博之さんの登場も楽しんでいただきたいと思います。

 

参考 教文短編演劇祭2018 公式サイト札幌市教育文化会館
お申込み・お問合せ
札幌市教育文化会館事業課(第二・第四月曜休)

〒060-0001 札幌市中央区北1条西13丁目
TEL:011-271-5822 FAX:011-271-1916 Mail:en_fes_mail@yahoo.co.jp