【札幌観劇人の語り場】札幌演劇シーズンの雑感・寄稿企画スタート

「札幌演劇シーズン2017-夏」の開幕に向けて様々な企画が始動しています。

札幌市中央図書館とのコラボや、d-SAPとの連携企画「夜の稽古場参観日」など、ますます上演が待ち遠しくなりますね。

今回は、そんな企画のひとつ、「札幌観劇人の語り場」で行われている企画「札幌演劇シーズンSPECIAL 2017-夏」についての紹介です。

「札幌観劇人の語り場」とは

2017年5月より始まった、札幌で演劇を観ている人たちが、作品について思ったことを自由に発信することのできるサイトです。

舞台に上がらない、観る側の人が感想を書き留めています。あれはどんな作品だったっけと振り返るのも良し、自分の感想と比べても良し。観劇人のためのプラットフォームです。

札幌演劇シーズンSPECIAL 2017-夏

今回、「札幌観劇人の語り場」は札幌演劇シーズンの開幕に向けて、シーズンに関する雑感・寄稿を掲載しています。

現在の札幌演劇シーンへの想いや観客として感じたことを自由に書いています。現在は、演劇創造都市札幌プロジェクトのメンバーの方や、図書館人の方などが寄稿しています。

また、本企画は、演劇関係者の投稿OK(匿名不可)の特別ルールにて実施中。観劇人によるゲスト投稿も受け付けています。

d-SAPからは、運営の佐久間も書かせていただきましたので、お時間のあるときにどうぞご一読ください。

 

まとめ

「札幌観劇人の語り場」は、札幌演劇を観る側の視点から作られたサイトです。これからも熱い感想や素敵な企画を期待します。

「札幌演劇シーズンSPECIAL」とともに、今シーズンをお楽しみください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で@sapporo_dSAPをフォローしよう!


d-SAPは札幌演劇シーズンを応援しています!
札幌演劇シーズン2017-夏

札幌で生まれた名作を1ヶ月間毎日上演。
札幌が演劇に染まる季節がやってきました。