劇団イナダ組

劇団名 劇団イナダ組
代表者 イナダ
概 要 1992年に定期的に公演を行うため何人かの役者とスタッフと『劇団イナダ組』として旗揚げする。「TEAM NACS」の森崎博之、大泉洋、戸次重幸、音尾琢真が在籍していたこともあり2,000年の公演では動員数が約1万人に達した。
彼等の脱退後は、活動の範囲を北海道内各地に広げ道内の地方公演を勢力的に行う。2008年には東京新宿シアターアップルで行われた東京劇団フェスに参加。グランフリを受賞。現行のスタイルから、ほぼ固定役者を持たず作・演出のイナダとスタッフだけの集団に劇団の体制を変える。
Web ホームページFacebook

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で@sapporo_dSAPをフォローしよう!


d-SAPは札幌演劇シーズンを応援しています!
札幌演劇シーズン2017-夏

札幌で生まれた名作を1ヶ月間毎日上演。
札幌が演劇に染まる季節がやってきました。