今月の公演情報はこちら

ゆりいか演劇塾 第6期生募集

タイトルゆりいか演劇塾 第6期
会 場Youth+センター(札幌市若者支援総合センター)
札幌市中央区南一条東2丁目大通バスセンタービル2号館1階
日 時<2018年4月~9月(前期)/10月~2019年3月(後期)> 定期レッスン
※全36回(前後期各18回)/お休みの週もあり

●基礎クラス(毎週日曜日10:00~12:50/初級者向け)
 前期はまず台本に触れてセリフを話したりしながら演技をすることになれていき、後期にかけて演技をする上で必要な基礎的知識を身につけます。

●実践クラス(毎週土曜日10:00~12:50/中級者向け)
演技の基礎・基本が身についていることを前提に、台本を使って、実際の演技に応用していきます。

<7月28日(土)~29日(日)(予定)> 短編公演
※稽古は7月上旬から開始予定。週2~3回程度。平日19~22時。土日は13~19時のうち3時間を予定。

<3月中旬か下旬(予定)> 本公演
※稽古期間1ヶ月半程度。週4~5回程度。平日19~22時。土日は13~22時のうち3~6時間を予定。

概 要「ゆりいか演劇塾」はクラアク芸術堂が開催する、演劇を経験したことのない人でも舞台に立つことができるプロジェクトです。演技を学び、演技する楽しさ、演技が上達する楽しさ、仲間と一緒に作品を作る楽しさを味わうことができます。

基本的に毎週1回(休みの日もあり)のワークショップを行い、年1~2回公演を行います。(公演に参加する場合は25回前後の稽古をします。)

※公演に参加しないで、毎週のワークショップのみ参加することも可能です。

講 師小佐部 明広(こさべ あきひろ)
1990年札幌生まれ。高校から演劇を始め、北海道大学在学中の2011年に「劇団アトリエ(現クラアク芸術堂)」を結成。代表・脚本・演出を担当。ある男の一生を描いた物語『もういちど』で札幌劇場祭TGR2011新人賞。札幌劇場連絡会奨学制度の「TGRアカデミー」で最初の奨学生に選ばれる。若手演出家コンクール2015優秀賞受賞。札幌発ショートドラマ『三人のクボタサユ』(NHK札幌・テレビドラマ)の第2話の脚本を担当した。
料 金プロジェクト参加費として1ヶ月3,000円
※学生[専門学校生等を含む]は1ヶ月2,000円、中学生・高校生は1ヶ月1,000円

公演参加費としてそれぞれ
<短編公演>1,500円
<本公演> 5,000円
※ワークショップのみの参加で、公演に参加しない人は不要です。その他の入団料・退団料等はありません。交通費等は各自負担です。

Web公式サイト