未経験者のためのワークショップ「アカシア演劇指南塾 3rd season」

名 前 アカシア演劇指南塾 3rd season
主 宰 Youth+アカシア(札幌市アカシア若者活動センター)
指定管理者:(公財)さっぽろ青少年女性活動協会
日 時 2017年12月~2018年3月 毎週火曜日 19時~21時
(第1回目は12月5日(火)19時~21時)
講 師 浦竜也

神奈川県平塚市出身。1984年生まれ。日本演出家協会会員。役者・演出家。高校卒業後、札幌学院大学内サークル「劇団サンズサン」入団。その後も役者、演出家として精力的に活動を行う。2013年にソロユニット「浦とうふ店」を発足。
2015年より構成員を加えた「舞台芸術等企画団体 浦とうふ店」として活動を開始。 同年7月より「アカシア演劇指南塾」を設立し、講師を務め、今回で三期目となる。教文演劇フェスティバル2016 短編演劇祭3位入賞。

【主な公演履歴】
2016年
・(教文短編演劇祭)TBGZ.「6/13 no. 502」演出
・札幌路面電車劇場 浦とうふ店号「c/w B面の**」演出
2017年
・浦とうふ店「タウが見た半透明の風景」演出

概 要 【対象】
15歳~25歳までの男女(※中学生不可。未成年者は保護者の承諾が必要です【定員】
10名

【活動内容】
1)通常講義(12月~2月 毎週火曜)
週1回の講義では、札幌で活動されている俳優、演出家、脚本家、舞台スタッフなどを招き、色々なワークショップに参加していただいたり、短い脚本を使った演技体験ワークショップを行います。

2)卒業公演(稽古期間:2月中旬~3月 本番日時:3月中旬~後半を予定)数チームに分かれて短編演劇を上演します。参加する場合、週三回程度の稽古参加が必須となります。公演に参加せず、通常講義のみ受講することも可能です。

チケット 無料(卒業公演に参加する場合は1,000円)

氏名、年齢、電話番号を明記の上、メールまたはお電話で承ります。
・電 話:011-752-7959
・メール:akashia@sapporo-youth.jp

Web 公式サイト

Facebookで
d-SAPを応援しよう